FXの初心者だった頃は、相場は上がるか下がるか二つに一つだから簡単と思っていました。
ビックリしたのは心の変化です。

ポジションを持っていない時は儲けたい、お金持ちになりたいと言う欲が出て、ポジションを持ちたくてたまりません。

ところがポジションを持ってしまうと、少しでも利益が出たら、すぐに利益確定をして楽になりたいという気持ちが出て来るのです。

利益が出ているポジションで、相場の流れが変わって利益が削られていくのが苦痛でたまりませんでした。
だから、ちょっとでも利が乗ったらすぐに決済してしまっていたのです。

また、損失が出ているポジションは損切りをしてやり直すのが一番と頭では分かっているのに、相場が元に戻るかもしれないという未練を持って、損失が膨らむのを放置するということも、よくやっていました。

「利益の出ているポジションはできるだけ我慢をして、さらに増やしていくのが良い、損失の出ているポジションはすぐにでも切ってしまうのが良い。」
という相場の格言に損小利大というのがありますが、この逆をやっていたのです。

相場の格言は一つ一つ奥が深いので勉強するとためになりました。
もう一つ格言を紹介すると「まだはもうなり、もうはまだなり」というのがあります。

これは相場のタイミングがいかに難しいかを説いた言葉ですが、初心者のころは表面的にしか捉えることができませんでした。

まだまだ行けると思っている時はもう潮時だし、もう終わりだなと判断したときは、まだこれからなのです。

FXは二つに一つなどの単純な世界ではないと分かったのは初心者を卒業した数年後でした。