最近のことですが、FXですこしばかり収益がでました。

最近の為替市場は政策に左右されることが多いように感じたので、政策に注目をしていました。
自分が取引をしたのは、米ドルを売買しました。

やはり米ドルは注目されている通貨ですし、もっとも取引量の多い通貨ですからスプレッドが狭いといったところも魅力でした。

注目されている通貨だけに関連するニュースも入手しやすいといったこともあります。
そのようなニュースのなかで最も重きを置いたのは米国が金融緩和を縮小するといったニュースです。

これはまだ実施はされてはいませんが、米国の経済指標がよくなっていればいつかは金融緩和縮小に動くといったことがニュースで流れていました。

ですが、為替市場は日本株の下落につられてか円高が進むようなところがありました。

日本株の下落もそう長くは続かないだろうし、日本は金融緩和を行っているところで、米国は金融緩和を縮小する方向になるなら為替は円安になるだろうと考えてドルを買いました。

結果は予想道理にドル高円安になってくれて若干ですが儲けをだすことができました。

それほど大きな金額を運用してはいなかったので、そんなにたいした金額ではありませんが、一応利益を確定して撤退しました。

為替市場はどんな動きになるかはわかりませんので、また、昔のような歴史的な円高になるといったことも考えられますので、利益がでたのであればそれは確定しておくべきと考えました。

今後もチャンスがあれば取引をするでしょう。